名刺の意味と大切さ

仕事関係やそれ以外の取引、あるいはお付き合いなどで、初めて会う人に「初めまして、これからよろしくお願いします」などの意味を込めて渡す【名刺】には、人によって、それぞれに内容は多少違うところがありますが、だいたいは自分の名前、所属する会社やその部署、さらに地位や電話番号にアドレスまで記載されているものもあり、自分のことを何も知らない人に対して、自分のことを知ってもらうための、大切な自己紹介を兼ねているといえます。

中には、斬新なデザインのものや、自分の顔写真を載せたものもあります。相手に長く保存してもらえるように耐久性に優れた厚手の紙で作られ、携帯しやすいように、そしてその他の利便性の点から、手のひらサイズよりも一回り小さいサイズのものが最近の主流となっています。

名刺が使われるシーンといえば一般的にはビジネスの現場での交換が思い浮かびますが、この名刺交換には、マナーがたくさんあることをご存知でしょうか。
いろいろ守らなければならないマナーの中でも一番大切だといわれているのが、自分の名刺を常に切らさないで携帯することです。そんなことは当たり前のことで今さら何を言っているのかと呆れた人も多いかとは思いますが、この失敗をするビジネスマンは意外とたくさんいるのです。もし、初めて会った人に名刺を切らしてしまいましたと伝えたら、相手の方はとても不快な気分になりますから、いつも自分の名刺を携帯しているかどうかチェックしておきましょう。

※特集
斬新なデザインのものや様々な名刺を作成できるサイトです・・・名刺 作成